楽天証券と投資信託について

最近ではインターネットで取引できる証券会社も増え、投資へのハードルが低くなっています。
なかでもインターネットでの取引に特化した証券会社はその手軽さで利用者を増やしています。初心者が資産運用を考えたとき、リスクの低いものをと考えます。
おすすめできるのがネット証券の投資信託を積立で始めることです。通常、投資信託は1万円以上から始められ、リスクの分散ができるというのがメリットです。
しかし、楽天証券なら1000円の積立から始められます。つまり、月1000円で世界中で運用ができるのです。世界中にと聞くと難しそうと感じる方も多いでしょうが、資産運用で怖いのはリスクです。
例えば、ある1つの会社の株だけで運用をするとその会社の業績によって資産の増減が決まります。
しかし、広く日本の企業の株に投資をすることで1つの会社でマイナスでも他で補うことが出来るかもしれません。
さらにその規模を世界中にするとリスクをより分散させることができるのです。
リスクの分散は地域だけではなく、投資の種類や業種などさまざまなパターンがあります。
これは資産運用で大切な考え方の1つであり、投資信託はリスク分散に適した運用方法だと言われています。
さらに積立で投資信託を購入することでコツコツと長期間運用ができ、時間によるリスク分散にもなります。
楽天証券なら月1000円なので初心者にも始めやすく、複数の違う種類のファンドで積立を行うことでさらなるリスク分散ができます。
また、ネットバンクとして有名な楽天銀行と大元が同じなのでより手軽に資産運用を始められます。楽天銀行は取り扱いATMも多く使い勝手が良いと好評のネットバンクです。そこから引き落としで積立投資ができますので、通常の積立定期預金と同じイメージで資産運用ができることも魅力です。